公務員には年齢制限があります。 その年齢を超えてしまうといくら能力があっても公務員の採用試験を受けることができません。 また、年齢制限は公務員の種類によって異なると思ってください。 そのため、もし公務員になりたいなら、なりたい公務員の募集要項を確認して、年齢制限がどうなっているのかチェックしましょう。 ひたすら勉強して、いざ試験に挑もうと思ったら年齢制限を超えていた場合、あまりにショックが大きすぎますよね? そうならないようにするためにもきちんと年齢制限は確認しておきましょう。 例えば、警察官になりたい場合、大卒の年齢制限は21〜28・29歳程度で、高卒の年齢制限は17〜28・29歳程度です。 消防官の年齢制限は各自治体によって多少異なり、30代後半まで採用しているところもあります。 ただ、一般的には26歳、28歳くらいを上限にしているケースが多いと思ってください。 このように年齢制限があるので、公務員を目指すならできる限り早めに目指した方がいいです。 合格できないまま年齢制限をむかえるということも少なからずあるので注意しましょう。